よく学生でも社会人でも話が全くというほど通じない人って一定数いますよね
横文字を羅列したり、どこぞの有名人の発言を多用したり
一言でまとめられることを長時間話したり
その真意を尋ねると見当違いの回答が返って来たりして
周りを驚かせるパフォーマーのことを
偽博学チンパンジーと呼びます。
その生態についてまとめます。
①人の話を聞いていないため内容と重複する質問をする
彼らは自分の話す内容で頭がいっぱいなので話を聞く能力を持たない
さらに、質問する際にもまとめるということをしないので
「????」結局お前は何を聞きたいだ…となる
②借り物の知恵で無双を試みる
確かに過去に起こした功績を基にセオリーは形成されているが
結局は借り物は借り物でしかなく
真に新しい需要を生み出すためには
既存の枠組みを超える必要があるというのが私の考えだが
彼らは成功者を神に祭り上げ自分のイデオロギーに組み込み
神を崇拝している我々は神と同等の力があるのだ!
と言わんばかりの自信を見せつけてくる
③夢や目標が抽象的
人の夢に口出しする気は毛頭ないのだけれど
「ヒエラルキーのトップ」になるなど
具体性のかけらもないことを聞いたりする
別にそれでいいのだけれど
せめて条件定義はして欲しい
Ex)日本の全人口の上位10%の年収を稼いでやる=500万ちょい
とか
でなければ達成できたのか否かがわからない
④終わった議論を蘇生する
議論を進めるうちに解決した話を墓場から蘇らせる
そこから進展する分には以降に構わないのだが
同じルートで話が墓地へと返って行く瞬間は檻に入れたくなる
⑤忙しいアピールが甚だしい
彼らのスケジュールはハリウッドスター並みに忙しいらしく
いつも困った表情を浮かべている
この真意については定かではないが
もしも本当ならば健康に気つけてもらいたい
ざっと生態を挙げました
一番の予防策はやはり自分の慢心に気づくことでしょう
私もこれらの特徴(症状)が現れないように精進しなければなりません

最後にナシーム・ニコラ・タレブからの警告で締めたいと思います
当社は顧客の利益を追求する/目指すべき方向お客様は当社の財産/株主価値の創造/当社のヴィジョン/当社のノウハウ/当社は双方向のソリューションを提供する/当社のこの市場での地位を確立する/顧客によりよいサービスを提供するためには/改革の痛み無くして成長なし/当社は長期的な利益を求める/勇気と意志を持つ者が勝つ/当社は技術革新に心血を注ぐ/社員の幸せが高い生産性をもたらす/優れたものへのこだわり/戦略的プラン/当社の職業倫理
これらを最小限の言葉で繋げたスピーチしているボスならば会社を変えることを薦めるよ