なぜ男子が女子に対して奢らなければならない風潮があるのか論については
いずれ議論するとして
今回は奢る際
果たして予算いくらが妥当なのかを検討しよう
そもそもことの発端は
後輩(♀)の愚痴からだ
愚痴は日常茶飯事なので
気にも止めていなかったのだが
今回は妙に饒舌に喋るのので
何事かと思い
話を聞いてみると
どうやら
ある男性からのアプローチを
受けておりそれに対し
「うざいんで全然興味ないんですよねー」
と言いたいだけの
本人以外
誰も得をしない話が
出口のないトンネルに入ったかの如く始まった
この話に結論などないのだろうと思っていたが
こち亀だって終わったのだ
きっとドラえもんやクレヨンしんちゃんだって
例外ではない
ならばこの話に
終止符を打つことだって可能だろう
そう思い
なぜ愚痴が生まれたかを
簡潔にまとめると
男性が27歳で社会人であったがデート(?)に
食事へ行った際、お店がどうやらファミレスだったらしく
それに対して
鼻息荒く憤怒しているらしい
つまり
高いお店に連れて行けばよかったのだと言うことになるが
果たしてそれが最適解だろうか
ずっと前に読んだ
トイアンナさんの記事でこんなものがある
パパ活を続けていた女子の人生が5年間でぶっ壊れるまで
衝撃的なタイトル…
簡単にまとめると
奢られたりプレゼントをもらったりと
大学生時代に
怒涛のちやほや環境に頭の先まで
ズブズブと浸かっていると
卒業した後も感覚が
自分の生活環境について来ず
ぶっこわ壊れるという話だ
この現象に命名するなら
鏡花水月が妥当だろう
愛染.jpg
話を元に戻すと
つまりは高ければ高いほど
そのステータスに
依存するため最適とは言えない
つまり
誰も不幸にしない
ベストな値段調整が望まれる訳だ
そこで
私は男なので男性側
要は奢る側の視点から算出してみよう
男性側が無理な額を払い続けて
財政破綻しては本末転倒なので
収入にフォーカスする
ペルソナは
名前:就職 太郎
・大卒30歳
・週に一回女子大生を誘っているプレイボーイ
・渋谷に勤務しており
・横浜の1Kに一人暮らし
・最近、仮想通貨に投資始めた
・年収は層の平均450万円
こんな感じで
さらに
30歳/社会人/支出でググり
主な支出額をまとめたデータがこちら


つまり
月に3回食事誘うとしたら
奢る費用は
およそ¥5,000~6,000円がベストと言うことになる
飲みに行くなら
普通の居酒屋で
ディナーなら少し有名なレストランで
といった感じだろう
調べたあとで気づいたが
スナックやキャバクラの
セット料金とさほど変わらないような気がする
結局は
人それぞれだと思いますが
奢る際や奢られる際は
この結果を基準に考えて頂ければ幸いです。