皆さんは
2017年最後の日をどの様にお過ごしでしょうか
同居人の岡本くんは
レディクレからの
年越しディズニーへ
はしごするらしく
部屋を汚して出ていきました…
明日部屋の鍵を変えようと思います
そして私はというと
未だに研究室に残って
シコシコと研究しております
まさに大学生の鏡餅ではないでしょうか
掃除も終わり
いよいよ年を越すということで
じっくりと2017年個人的に起きたことを
振り返っていこうと思います

■目次1.富士山登山

なぜ登山をすることになったかというと大学に入ってから今まで様々な活動を行ってきました。
ですが、3回生になったときに多くの社会人や他大学の学生と接触するうちに自分の活動による成長が相対的に見て低いと感じてしまい果たして自分は前に進んでいるのだろうかと不安に苛まれていました。そんなときにあれやこれやと考えても空回りするだけで、ただ無情に時間だけが過ぎている気がしました。
なのでこれまでのすごいことを人から経験へと塗り替える必要があると考えその答えが登山でした。日本の大富豪である柳井 正氏、孫 正義氏、あのイーロンマスクでさえも生物学的視点からでは富士山に対する影響力は皆無に等しいと考えられる訳だ。勿論、核弾頭を使えば吹き飛ぶがそんな話は人間の作り出した仮想的社会のモラルの中に過ぎない。
要するに「人間という一つの種の個体は自然に対してあまりにも小さい存在だ」という悟りを開き始めていた訳だ。ここまできたら誰もが登山よりも病院を薦めるだろう。
そしてこんなあまりにも突発的なアイディアについて来るバカはいないと思っていたのだが…
ここで満を辞して出て来るのが我が同居人である岡本くんである。
全ての経緯を話し誘うと
あたかもマックへ行く様な返事で「了解」とだけ返事した
そして静岡まで大学生らしく
青春18切符で16時間の移動を経て到着し
翌日、静岡市から車で2時間程度移動し
あいにくの雨と強風、さしてそれらの影響により
8合目よりも上の山小屋は閉まっていたが
なんとか富士宮ルートを往復8時間程度かけて登山を終えた。
そして当初の目的については
疲れ過ぎてあまり記憶に残っておりません。
達成感よりも地上へ戻ってきた時の安心感の方が強かったことだけは覚えています。
とはいえ、この経験は行動することへの意味を見出せたのは事実です。
ベンとマイケル元気かなぁ
P9070094.JPG
目次にもどる

■ブログを初めた

ブログを始めたのも今年の夏からだ。何か目的があるわけでもなく来年から入社する会社の商材を勉強するモチベーションになればぐらいの気持ちで始めたのだが、テーマを絞っていないことが功を奏しのらりくらりと続いている。その悪影響としてブログの内容がカオスになりGoogle Search Consoleの検索クエリは何の脈絡もない理解不能な単語が並んでいる。
そんなヘンテコブログではあるけど続けることで得られたものはすごく多いと感じたので簡単にまとめと

・本をよく読むようになった
・そのおかげで財務諸表をある程度読めるようになった
・有価証券報告書を読むことが楽しくなった
・CSS,htmlを勉強するようになった
・SEOについて勉強するようになった

おそらくブログなどを運営していないと
SEOなんて勉強する気にもなれないだろうけど
アナリティクスやadwords、Search Consoleなどのツールを使いながら
実践的に学習するのは楽しい
ブログ自体も少しづつではあるが
成長して最終的にはこんな感じでした。
seesaaランキング
って何でお前が
ビジネスカテゴリやねーん
というツッコミが入りそうですね
来年こそは
皆様に役立つそりューーーショォォォンをお届けすべく
邁進して参りますのでどうかよろしくお願いします。
目次にもどる

■3.就職先が決まる

幸せなことに複数の会社から内定を頂き
悩みに悩んだ結果
承諾させて頂いたのは…
最終面談に諸事情で5時間遅刻する
つまりは代表取締役5時間も待たしてしまうという
前代未聞の状態でも
その日のうちに
面接の機会を与えて頂いた
ファンコミュニケーションズである
多分言葉にして書くと伝わらないだろうが
野球部時代
先輩方より30分前に集合していなければ
乳首をつままれていた私からすると
両乳首を持ってしても払いきれぬ
大罪を犯した気分でした。
そんな状態で
どんな顔をして行けばよいか
本当にわからなかった
いっそのことアンパンマンのお面を被りたかった
そんな心境の中
人事、代表の方々が
笑顔で迎えてくれたことは
多分この先ずっと忘れないでしょう
本当にあのときアンパンマンのお面を被らなくてよかったです。
この話は長くなるのでまた次の機会するとしましょう。
目次にもどる

■4.留年太郎が家に住み着いた

正直そろそろタイピングに疲れてきたのでこの経緯は
留年生観察日記始めます
を参照願います
目次にもどる

■5.年の締めに

今年はまだまだ色々なことがありましたが
私の脳と手が「勘弁してください」
と言わんばかりに震えているのでここまでにしようと思います。
さて皆さんにとって今年はどの様な一年となったでしょうか?
成人を迎えた人や社会人になった方、退職された方
おそらく10人いれば10通りの
2017年だったことでしょう…
と続くテンプレは略して
研究室で年を越す様な
味気ない状態だけは
避けるべく飛躍して行ければと思います。
それではよいお年を
本当にもし仮にごくごく僅かにでも面白いと思っていただけたらフォローお願いします…
cff6dc61f18df304ca56b3ac136f21fd.pnge31d3d5320e34c64622d3bd7f4c80000.png